転職成功者の体験談

マレーシア就職のコツ!成功者インタビュー②

皆さんこんにちは。
今回は弊社JACを通してマレーシア就職された方の就労、生活体験インタビューの第2弾をお届けします。

 

【50代前半男性/Mさん/ペナン勤務/日系メーカー勤務経験:日本18年、マレーシア9年、ドイツ4年(設計、開発)

 

現在のお仕事内容は?

日系メーカーでの部品の受入品質保証業務。日本への出張もあります。

 

何がきっかけでマレーシアで就労することになりましたか?(あるいはマレーシアを選んだ理由は?)

マレーシアに9年の駐在経験があり馴染みがあったことと、2年程前からマレーシアの文化、歴史、建築、宗教などに興味を持ち直し、これからの人生を、好きなことをやりつつ、今までの経験を活かせる仕事をしたかったため。
家族も賛成し、マレーシア転職を応援してくれていました。

 

海外で就労しようと思ってからどの程度の期間でお仕事が見つかりましたか?

前の会社を退職後、転職先が決定し、労働ビザが下りるまでのトータルで約5か月。
復数のエージェントに登録しましたが、JACを通じて想定より早く、また、いい会社を見つけることができました。
技術職で、駐在経験があったことが、メーカーが多いマレーシアの需要に合ったのかもしれません。

 

マレーシアに来て驚いたことは?

十数年前より明らかに英語が通じるようになり、人も以前に比べて優しくなったこと。駐在していた頃(1990年代)と比べて明らかに進歩していますね。

 

お仕事で英語を使う頻度は?

業務は100%英語。ただ社内の日本人社員とは日本語で会話しています。

 

現在の給与・待遇に満足されていますか?

給与は「足るを知る」で一応満足。(半分以上は、貯金できてます。)給与以外には、カンパニーカーとコンドミニアムを無料で貸与していただいているので、大満足です。

 

平日は何時にお仕事が終わりますか?また、その後は何をされていますか?

広業務を終えるのは大体17時。帰宅後はジョギングやコンドミニアムのプールで泳いだり。また、久々のひとり暮らしをクッキングで楽しんでいます。まさに「ワークライフバランス」の実現!

 

週末はどのように過ごされていますか?

広い部屋をよく掃除しています(セカンドライフは住居が大切)。また、カメラが趣味なのでペナンや近郊を観光して写真を撮ったり。日曜日の夕方はサッカーを。最近ゴルフも再開しました。
日本に居たらここまで趣味に時間を費やすのは難しいと思います。

 

※アロー・スター(Alor Star)のモスク(撮影:M)

 

マレーシアに来て、新しく始めた事や習慣はありますか?あれば教えて下さい。

4月からマレー語教室に通います。クッキングも、だいぶうまくなりました。

 

日本の年金や保険はどうされていますか?

住民票は抜いたため国民健康保険は自動的に停止していますが、年金は任意で継続加入しており、2年前納で払っています。マレーシアでは会社の従業員保険で医療費などを賄っていますが、今のところ病気や怪我をしたことはありません。

 

現在お住まいの住宅の賃貸料は?また、広さ(例:3LDK)や施設(プール、ジム等)の内容も教えてください。

会社の社宅(コンドミニアム)に居住しているため家賃はなし。3LDKでリビングルームから海が一望できます。プール、ジム、テニスコートがあります。

 

マレーシアで就労するにあたり準備しておいた方がいいことは?

英語力。どういった仕事に就くかにもよりますが、いずれにせよマレーシアでは英語は必須なので、仕事をする上で困らない英語力がある前提で転職活動されることをお勧めします。

 

マレーシア転職を検討している同世代の方へ一言お願いします。

駐在時代のような年収や住まいを求めたらキリがないので、割り切ることが必要。勿論、どこに重きを置くか(年収重視なのか、ワークライフバランス重視なのか)にもよりますが…。

でも、来てみれば極楽ですよ!

※ペナンの極楽寺。マレーシアはまさに極楽!(撮影:M)

 

 


JACマレーシアHP:最新求人・就職情報をご覧いただけます。
Facebook 
:ほぼ毎日更新中。
Instagram 
:マレーシアの日常をシェアしています。