マレーシア転職・就職・仕事事情, 就労ビザ・所得税

マレーシアの就労ビザ(Employment Pass)最新情報(2018年3月)

こんにちは、りんごです!

今日は、昨年9月に改訂されたマレーシアの就労ビザ(Employment Pass)、最新情報についてお伝え致します。

 

就労ビザ(Employment Pass)のカテゴリー

マレーシア内務省は、外国人への就労ビザ(Employment Pass)の発給について、被雇用者の最低月額給与をベースに下記の3つのカテゴリーに大別しており、2017年9月1日より施行しています(JETRO)。

就労ビザ(Employment Pass)のカテゴリーの詳細
カテゴリー 最低月額給与 雇用期間 家族帯同の可否 メイド雇用の可否 更新
カテゴリーⅠ 10,000リンギ以上 5年まで 更新時に
考慮される
カテゴリーⅡ 5,000~9,999リンギ 2年まで 更新時に
考慮される
カテゴリーⅢ 3,000~4,999リンギ 1年以下 不可 不可 更新は最高2回まで

今までは給与額に関係なく、平均2年~5年有効の就労ビザが発給されていましたが、今回給与額によって有効期限が設けられるなど、規定がより細かくまた厳しくなったと言えます。また、カテゴリーⅢ、給与が5,000リンギ未満の場合も、更新回数や家族の帯同の可否について明記されています。

 

必要資格と経験

以前から面談やセミナーなどでもお伝えしていた内容になりますが、就労ビザ(Employment Pass)の申請ポストによりふさわしい資格、経験が必要であるということ、また年齢制限はないとしながらも、履歴書については、以前より詳しいものが求められており、資格、経験の要件についても、下記の通り明記されています。

    1. 大卒以上で、かつ採用ポジションと関連した経験が3年以上あること。
    2. Diploma(短大卒業資格)保持者なら、5年以上の関連経験があること。
    3. 職業訓練校などの技術系証書などの取得者なら、7年以上の関連経験があること

※ただし、採用する企業によって異なる場合もあります。

 

まとめ

マレーシアの就労ビザ(Employment Pass)取得には、少なくとも3年以上の社会人経験(大卒以上の場合)と採用企業と関連する業務経験が必要と言えます。また、企業からの要望と応募条件にはなりますが、ある一定以上の英語力も必要です。

ここ1、2年マレーシアの就労ビザ(Employment Pass)の規定が頻繁に改定されていますので、最新の情報を確認してから、手続きを進めてもらいましょう!

 

就労ビザ(Employment Pass)申請のプロセスや必要な書類の参考情報については、弊社ホームページにも記載しています。

 


JACマレーシアHP:最新求人・就職情報をご覧いただけます。
Facebook:ほぼ毎日更新中。
Instagram:マレーシアの日常をシェアしています。