日常生活・文化

マレーシアで初めてやってみたこと、始めたこと

みなさん、こんにちは!りんごです!

わたしはマレーシアに住み始めて、今年で5年目になります。今振り返ってみるとマレーシアに来ていなければやらなかったかもしれない、出会わなかったかもしれないと思うことがいくつかあります。

そこで今日は、りんごがマレーシアに来て初めてやったこと、始めたことについてお伝えしたいと思います。

まず、マレーシアに来て最初の年に挑戦したことは、

日本人以外の美容師さんに髪を切ってもらうことです。

当時長さはセミロングで、髪をすいて整えてもらったのですが、全く問題ありませんでした。ただ、その2年後、ショートカットにした後(ショートにした時は日本人の方に切っていただきました)、少し伸びてきたので現地の美容師さんにカットしてもらった後は、なんと頭がどんぐりのようになってしまい、ちょっと後悔しました(苦笑)。

マレーシアでは、美容師になるのに国家試験はなく、練習すれば(センス次第?)誰でもなれるようです。ただ、日系の美容院で働いているローカルの方たちは、皆日本人の美容師さんからシャンプーの仕方、髪のすき方、もちろんカットまで細かく指導を受けるようでスキルの高い人もいます。

マレーシア滞在2年目、歯列矯正を始めました!

色々調べた結果、クアラルンプール市内のインド系の先生がいる歯科医院を選びました。4本抜歯をした後、翌月から矯正をスタート、当初3年以内に終わる予定でしたが、現在すでに3年目に入りました。当初かなり歯並びが悪かったのですが、今では歯は綺麗に並んでおり、現在噛み合わせを整えています。来年頭には終わるかな~と器具を外すのを楽しみにしています。

ちなみに費用は、日本の三分の一ほどで、勿論その方の歯並びによりますが、20万円~35万円くらいが平均のようです。

マレーシア生活3年目、ベリーダンスを始めました。

日本でも習っている方が多いかもしれませんが、マレーシアも中東の影響を受けており、ベリーダンスを習う生徒が結構います。ただし、衣装は肌の露出も多いことから、先生も生徒さんもだいたい中華系の方で、私の先生も中華系マレーシア人です(マレーシアの主民族であるマレー系の方はイスラム教なので、髪や肌を人目にさらすのはタブーとされています)。

マレーシア5年目、ヒンディー語を始めました。

そう、マレー語ではなくヒンディー語です(笑)

もともとインドに興味があったのですが、マレーシアに来てからインド映画にハマり(映画館でもボリウッド映画が簡単に観れます)、インドへ毎年旅行へ行くようになりました。それが高じて、今月からヒンディー語のレッスンを受けることにしました。先生は、勿論インド出身のネイティブ。

最初の授業で衝撃を受けた言葉は、ヒンディー語の「電車」で、現在は英語のTrainが使われていますが、昔は「鉄でできた象」という意味のヒンディー語が「電車」として使われていたそうです。

ちなみにマレーシアではヒンディーはほとんど使われておらず、インド系マレーシア人の多くが南インド出身でタミル語を話す方が多いです。

来年は、何をやろうかな~と思う今日この頃。

また、新しいことにチャレンジした時にはお話しします(笑)

 


JACマレーシアHP:最新求人・就職情報をご覧いただけます。
Facebook :ほぼ毎日更新中。
Instagram :マレーシアの日常をシェアしています。