日常生活・文化

国際色豊かな国マレーシア! ~イエメン女子会に潜入!編~

こんにちは、OAM99です。

マレーシアは世界中から人が集まる国際色豊かな国です。英語・中国語が通じる、アクセスが楽(アジア諸国、中東からも近い)、イスラム教徒でもなじみやすい食事・文化のため、日本ではめったに会わないような国の人に出会うこともあります。(ちなみに私がクアラルンプールで出会った一番驚きの国はマダガスカル出身の中華系女子。笑)

先日は日本ではめったに経験することはないであろうイエメン女子会に参加しました。

中東の人にとって、お・も・て・な・しの文化は大事で、特にホームパーティではここぞとばかりに気合を入れます。

イエメン人(中東)の女子会って何が違うの?

1.男子絶対禁制!ホームパーティでは男性陣は会が始まる前に外出!

2.行き帰りは黒いベール(アバヤ)などに身を包み肌を隠していますが、男性がいなくなるとベールを脱いでこことぞばかりにキラキラお洒落なファッションをエンジョイ!

3.大体踊る踊る踊る!気分がのってくると掛け声(ララララララ~)を大きな声で連呼。

4.解散は大体12AM~2AMくらい(開始は7PM~8PMくらい)

準備も気合が入っています。

パン作りは粉から!釜焼きは田舎の伝統の作り方でもあるようですが、友人のママはマレーシアでもできる圧力鍋を使用した裏技を考案!(笑)

こちら↓は友人の家族の結婚パーティ2次会のご馳走!ケーキ以外、全部手作りとは思えない豪華さ!前日から寝ずに仕込みをしていましたので、解散後はクタクタだったそうです。笑

こちら↓は自宅での小さな集まりでのご馳走!お客さんも手作りデザートを持参したりと手が込んでいました。右下から杏仁豆腐のようなデザート、シナモンロール、ガトーショコラ、チーズケーキ、、全て手作りとは思えない。。豪華です。

下の写真は私の大好物、Mandiというチキンとジャガイモとご飯とスパイスを圧力鍋で炊いたメインディッシュ。左隣にある黒いのはYaprakes Finosというご飯をグレープの葉っぱとスパイスで巻いたもの。2種類のフモスも絶品!こちらはかなり中東らしい食事ですね。

人前で肌を露出しない文化のため、肝心のきらびやかでゴージャスな女子達の写真は残念ながらありません。。(T.T)
日本では“中東=メディアでのイメージ”が定着していますが、日本人や他の民族と変わらずオシャレ好きで、恋愛話でも盛り上がり、周りの人への優しさを大事にしています。

マレーシアは色々な国の文化を感じることができるミニチュア地球儀のような国だな~と改めて感じます。

 


JACマレーシアHP:最新求人・就職情報をご覧いただけます。
Facebook:ほぼ毎日更新中。
Instagram:マレーシアの日常をシェアしています。