マレーシア転職・就職・仕事事情

マレーシアでエコを考える

みなさん、こんにちは、りんごです。

昨日のBBCニュースによると、欧州議会では海洋生物保護のため、使い捨てプラスチック製品の使用を禁止する法案が賛成多数で可決されたそうです。

最近では、スターバックスやマクドナルドなどでもプラスチックストローが禁止されたことは、大きなニュースになりましたね。

ここ、マレーシアでは、日本に比べると個人のごみの分別義務はこれから始まる施策でもあり、また、水も石油も豊富にある国なので、あまり節約マインドがないかなと思います。

ただ、意識の高い人や地道な活動を行っている人も勿論います。

クアラルンプール市内のバンサー(Bangsar)という地区には、Recycle, Reuse, Zero Wasteをテーマにしたお店があります。ここでは、食品や生活雑貨をホールセールし、購入する際には自分で持参したボトルや容器へ量り売りをしてくれます。ボトルや容器を持参しない場合にも、向こうで予め用意してある洗浄済みのボトルや紙袋があり、無料で支給もしてくれます。ただし、基本的には使った容器は返却または再利用します。

ナッツやお米、油やビスケット、ドライフルーツ、手作りコスメ、手作り石鹸、竹でできた歯ブラシからリサイクルペーパーでできたトイレットペーパー、布ナプキンなどなど。

最近は、メタル製のストローがプレゼント用に人気なのだとか。

また、このお店の二号店がクアラルンプール中心地にできるそうで、他オーナーが運営する同じコンセプトのお店もいくつかオープンするそうです。

私も、1年半くらい前からこのお店で、油や洗剤、化粧品、食品を買うようになりましたが、毎回容器を捨てる罪悪感がなく、また使った容器をリサイクルできた時の達成感(⁈)はとても気持ちが良いです。

※(上写真)メタルストロー

先日のBBCニュースでは、プラスチック製品に対して何の措置も取らなかった場合、2050年までに海に浮かぶプラスチックの量は魚を越えるだろうとの記載もありました。

 

 

 

 

 

 

もっともっと、リサイクルマインドが浸透し、ごみの少ない(またはごみのない)買い物ができる環境が増えるといいなと思う今日この頃です。

みなさんも今日からできること、何か始めてみませんか?

※参考サイト:https://thehivebulkfoods.com/

※ブログ内の過去のエコ記事はこちら

 


JACマレーシアHP:最新求人・就職情報をご覧いただけます。
Facebook :ほぼ毎日更新中。
Instagram :マレーシアの日常をシェアしています。