日常生活・文化

マレーシアでゴルフを始めてみる!

皆さんこんにちは。UTG37です。

お堅い話題が続いたので、ちょっとソフトな話題で。

 

マレーシアはお隣シンガポールやタイに比べると、正直なところエンターテイメントやアトラクションが少ないです。

そのかわり、マレーシアはゴルフ天国で日本より格安でゴルフが出来るため、こちらでゴルフを始め、週末をエンジョイされる方も結構います。

「ゴルフなんておじさんのスポーツだよ」と今でも思っているアナタ!

日本でもそうですが、最近ではマレーシアでも若い方のゴルフ人口は増えているんです!

でも、一体どうやってゴルフを始めたらいいのでしょうか?

 

クラブを買う/借りる

ゴルフクラブがないとゴルフはできません(笑)。ゴルフクラブは結構いいお値段しますので、いきなり購入するのはいささかリスクが高いかもしれません。まずはお友達や上司などからクラブを借りて始めることをお勧めします。

打ちっぱなしに行く

クラブを用意したら、次は打ちっぱなしに行きましょう!日本の打ちっぱなしは場所代、ボール代とダブルでお金がかかりますが、マレーシアはボール代だけでOK!

安いところだと100球でRM10~12(約270円~320円位)です。ちなみに日本(東京)だと100球で1,800円位しますので、マレーシアは破格です。

レッスンを受ける

打ちっぱなしでボールが当たるようになったら、フォームの固定・修正、飛距離アップ、コースでのルールなども覚える必要があるので、プロや上級者によるレッスンを受けましょう。

クアラルンプール周辺には日本人のレッスンプロもいますし、日系のインドアゴルフスクールもあります。

ウェア、グッズの用意

コースデビューするためにはウェアやゴルフシューズ、小物を用意する必要があります。マレーシアはかなり暑いので、日焼けが気になる人は長袖やアームカバー、それに、蚊に刺されることも多いので「蚊よけスプレー」も用意しましょう。

コースデビュー

レッスンでフォームが整い、飛距離などが出るようになったら、晴れてコースデビューです。

ただ、いきなり18ホール(通常、ゴルフは18ホール周ります)はキツいかもしれませんので、ハーフ(9ホール)だけまわってってみましょう。9ホールが慣れてきたら18ホールにチャレンジ!

ちなみにクアラルンプール郊外のゴルフ場だと、プレー代は安いところでRM150前後(約4,000円前後)、高いところはRM400~RM500前後(約10,000円~13,000円前後)です。

ゴルフは通常午前中にまわるので、お昼頃には終了します。

スタート時間(8時前後)はそこまで暑くはないですが、10時~12時頃の暑さは最高潮です。日焼けは勿論ですが、熱射病にならないようこまめに水分を補給することも大事です。

また、日本でのゴルフは前半(9ホール)と後半(9ホール)の間にランチ休憩がはいりますが、マレーシアを含め海外では18ホール一気に周り、途中のランチタイムはありません。

Let’s enjoy GOLF!!

 


JACマレーシアHP:最新求人・就職情報をご覧いただけます。
Facebook :ほぼ毎日更新中。
Instagram :マレーシアの日常をシェアしています。