マレーシア転職・就職・仕事事情

マレーシア国内で転職をするときの注意点 Part 2

こんにちは、Rです。「マレーシア国内で転職をするときの注意点 Part 1」に

引き続きPart 2ではマレーシア国内で転職をする際に必要とされる

「Income Tax Clearance Letter」についてご案内します。

マレーシア国内で転職をするときの注意点 Part 1

Income Tax Clearance Letterをもらう

マレーシア国内転職する際、就労パスを切る他にも、所得税の支払い不足分を

処理しなければいけません。処理を済ませるとInland Revenue Board

(マレー語でLembaga Hasil Dalam Negeri Malaysia。所謂Income Tax

Office、以下IRB)より勤めていた会社側にIncome Tax Clearance Letter

が届きます。

IRBから会社側にレターが届きます

 

不足分があればStatement of Tax Positionも

もし所得税の支払い不足分がある場合は、上記のレターに金額が

記載されているので、支払いを済ませ、Penyata Kadudukan Akaun

(Statement of Tax Position)をIRBよりもらいます。Tax Positionの

書類には、所得税額、支払い済みの額、残高が記載されており、

支払いが完了していれば、残高はゼロとなります。

尚、Tax Positionの書類はレターヘッドでないことが多い為、IRBから

書類を発行してもらう際は必ず担当者の名前、署名、IRBの印鑑を

もらうようにしましょう。

 

所得税関連の書類については、上記2点の書類を提出すればOKです。

但し、個人により状況が異なるので、イミグレーションから要求される

書類も異なりますので、都度イミグレーションとIRBに確認が必要です。

 

JACならではの強み!

JACではこういった転職時の煩雑な手続きも、経験豊富なコンサルタントが

親身にお手伝い致します!

 

 


JACマレーシアHP:最新求人・就職情報をご覧いただけます。
Facebook :ほぼ毎日更新中。
Instagram :マレーシアの日常をシェアしています。