マレーシア転職・就職・仕事事情

失敗しない転職のためには その2

こんにちは、りんごです。

先週は、「失敗しない転職のためにはその1」ということで、マレーシアで働く魅力とキャリア・コンサルティングについて簡単にふれましたが、今日は、そのメリットや流れなどをご説明致します。

マレーシアでの転職の手順がよくわからない方、ビザトラブルなどを回避されたい方、必見です!

 

キャリア・コンサルティングのメリット

インターネットでは得られない現地就職事

求職者の方の経験や能力をベースにどのような可能性があるか、最新の現地就職事情をご案内します。

最新求人の情報提

企業から頂く求人は日々変化しています。また、求職者のご経験やご意向に合わせたご提案などもいたします。

アジア各国へのご紹

マレーシア以外の国でも就職を検討されている方については、JACリクルートメントの他国拠点にご紹介することが可能です。

(JACの海外拠点:UK、シンガポール、インドネシア、中国、香港、韓国、ベトナム、インド)

弊社では求職者の方のご登録やコンサルティングは全て無料です。

 

キャリア・コンサルティングと入社までの流れ

①まずは、弊社HPからご登録いただきます。履歴書、職務経歴書(和文、英文)の添付が必要となりますので、予めご準備ください。

②ご登録後、一両日中にJACのコンサルタントよりメールにてコンタクトさせていただきます。

その後、スカイプまたは対面にて面談をさせていただき、ご希望業界/業種やこれまでのご経験などを伺うとともに、マレーシアの就職・マーケット状況や生活状況などをお伝えします。また具体的な求人のご紹介が可能な方には、求人のご紹介を致します。

尚、定期的に日本(東京)でも個別面談会を実施していますので、日本在住の方は対面にて面談させていただくことも可能です。

③求人の紹介を受け、応募したい企業があれば、JACへ応募の連絡を入れ、JACより企業へ応募書類(和文履歴書、職務経歴書、英文履歴書)を提出します。

④書類選考が通過し面接となった場合は、JACを通じて面接日程を調整します。一次面接はスカイプ等で行ってくださる企業様も増えていますのでスカイプ面接の日程や、対面面接の場合はマレーシアへの渡航日程をJACと調整します(通常、面接は1~2回程度です)。

⑤面接結果はJACを通じてお知らせします。晴れてオファー(内定)が出たら、企業からのオファーレターにサインをし入社時期を決定した上、就労パスの申請手続きに入ります。就労パス申請に必要な書類や申請手続きの流れなどは、JACより手順を連絡しますのでご安心ください。

⑥就労パスの承認が下りたらマレーシアへ入国、パス発行手続きを済ませ、入社。就労パスの申請から承認までは早くて数日、長くて1ヶ月ほどとなります。承認から発行までは1週間~10日ほどです。

★POINT★

JACマレーシアの日本人コンサルタントは経験豊富(全員在籍2年以上)で、的確にマレーシア転職をアドバイス致します。

また、ご登録から入社まで、JACのサービスを利用いただいても料金は一切発生しませんのでご安心ください!

 

マレーシアの就労パス取得要件

マレーシアの就労パスを取得するには、一般的には下記要件が必要と言われています。これら要件を満たさない場合、求人をご紹介できないこともありますので、予めご了承ください。

大卒:3年以上の関連業務の経験

短大・専門卒:5年以上の関連業務の経験

高卒:7年以上の関連業務の経験

 

間違った転職先選びやトラブルを回避するためにも人材会社でのキャリア・コンサルティングという方法で、ご自身のキャリア形成、キャリアチェンジを成功に導きましょう!

 


JACマレーシアHP:最新求人・就職情報をご覧いただけます。
Facebook :ほぼ毎日更新中。
Instagram :マレーシアの日常をシェアしています。